放射線科

放射線科

安全に、安心に検査を受けていただく環境を作り、より多くの情報の提供を心がけます。

当科で可能な主要検査

  • X線一般撮影(レントゲン撮影)
  • CT検査(全身コンピュータ診断撮影)
  • X線透視検査
  • 超音波検査

 

スタッフ紹介

  • 診療放射線技師(常勤)  2名
  • 診療放射線技師(非常勤) 3名

 

検査機器紹介

超音波検査装置
超音波検査装置エコー検査は放射線被曝などの害のない最も安全で手軽に出来る検査法の一つです。
腹部エコー:肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓などのスクリーニング検査を行います。
頚部エコー:頚動脈内膜の測定を行い動脈硬化の評価をしています。また、甲状腺のスクリーニング検査も行っています。
その他、心エコーや泌尿器系エコーも行っています。

X線CT(全身コンピュータ診断撮影装置)
X線CT(全身コンピュータ診断撮影装置)X線を利用し、コンピューター処理を行い、身体全体の断面の画像を得ます。短時間で画像を得ることが出来るヘリカルCTを使用し、救急医療に不可欠な装置になっています。
X線照射部を連続で回転させるとともに、寝台を一定の速度で動かすことによって、連続的(らせん状)に撮影を行います。

X線透視
X線透視バリウム等の造影剤を飲み、食道・胃・十二指腸・小腸などの形態・粘膜の状態を見ながら検査します。検診や術前検査、スクリーニング検査を主に、消化管検査、泌尿器検査を行います。

一般撮影装置
一般撮影装置当院では、胸部・腹部など内科の撮影の他、整形系の撮影も多く、ファーストチョイスとなる一般的な撮影です。
CR化に伴い、フィルムレスとなりました。

CRシステム
CRシステムX線の透過像をX線フィルムに写すのではなく、IP(イメージングプレート)に一旦X線画像情報を記録し、それにレーザービームを当ててデータを読み取ります。コンピューターを用いて画像処理を行うことが自由自在なので、モニター画面を見ながら、目的部位や病変を拡大したり、階調処理を行うことが可能です。また、フィルム在庫や帳票としての管理が不要で、画像データをハードディスクや光ディスクにファイルしたり、サーバーを共有し、各科外来や病棟への画像送信も容易に出来ます。

ポータブル(病室X線撮影装置)
ポータブル(病室X線撮影装置)手術後間もない方や感染症の方・身体状態が悪いなど、病室から出ることが出来ない場合に、移動型撮影装置で病室に向かい、エックス線写真を撮影します。
また、IVH挿入後の確認撮影も行います。

 

提携施設紹介

辻村病院正面に位置する、「グランソール奈良」にて、病院で可能な検査以外の検査を受けていただくことが出来ます。

 
グランソール奈良における設備紹介
MDCT
MDCT全身の断層面が簡単に撮影でき、手術前の検査や術後の経過観察など幅広く利用します。最新鋭のマルチスライスCTにより高性能な診断を行っております。マルチスライスCTは、従来の数倍の高速スキャンがミリ単位で可能となり、16列の検出器で撮影するので短時間の息止めで精度の高いCT画像が得られます。0.625mmまで再構成する事ができ、バーチャル(3D)での描出も可能です。

MRI(1.5T)
MRI(1.5T)X線検査では見られない脳・脊髄・椎間板・半月板・筋肉・腱・血管等が鮮明に写しだされます。また、体のあらゆる角度の断面が得られるのとX線を用いないためX線被曝することがありません。CT検査に比べ検査時間が長く、また磁石を使用しておりますのでペースメーカー等体内に金属を使用している方は検査が出来ません。造影剤を使用せずに、血管を撮影することが可能なので、動脈瘤、血管狭窄、脳梗塞などの診断に優れています。

RI(核医学検査)
RI(核医学検査)半減期の短い、安定度の高いRI(放射性同位元素)薬剤を注射し、病変部に集積した薬剤からの、放射線を体外から計測し代謝機能などの機能情報を収集し、SPECT処理、全身検査等の画像により安全迅速に心機能や脳血流又全身のガンや肺塞栓の診断、評価等ができます。核医学の検査方法は、苦痛、副作用がほとんどなく、しかも内臓の働き、病気の状態がわかるので種々の病気の診断になくてはならない検査となっています。

デジタルマンモグラフィ
デジタルマンモグラフィ乳房を圧迫して、X線撮影します。
当院のデジタルマンモグラフィでは、一度の撮影で拡大率やコントラストを変えることが可能です。マンモグラフィ撮影を行なうことにより、触れることができない微小石灰化などの早期の乳腺疾患や、しこりのできない乳腺疾患の広がりを診断できるため、早期発見に繋がります。(女性技師が待機しております。)

X線透視撮影装置 2台
X線透視撮影装置
頭足方向および左右方向に幅広い透視・撮影を可能とし、デジタル画像処理システムとの組み合わせにより、ほぼ全身の撮影が可能である。フィルムレスなので、画像データをサーバーに送信し管理します。上部消化管・下部消化管検査共に行っています。

CR(一般撮影装置)
CR(一般撮影装置)一般撮影は単純撮影を中心に使用頻度が高く、しかも対象範囲が広いのが特徴です。当施設では主に、胸部・四肢の撮影を行っています。

超音波検査装置
超音波検査装置検査内容として、心臓・乳腺・甲状腺・腹部臓器(肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓・腎臓等)・前立腺・各種血管(主に頚動脈)等、幅広い検査を実施しています。
血流や、心臓の壁運動を動画でサーバーに送信することが出来るので、検査担当者だけでなく、読影医に明確に所見を伝えることができます。

無散瞳眼底カメラ
無散瞳眼底カメラ眼底は人体の中で唯一、血管が直接観察することができ、眼病を含め生活習慣病(動脈硬化・高血圧・糖尿病)など全身の疾患からくる血管疾患を推測することができます。
画像ファイリングシステムと連動しているため、その場で検査結果を知ることができます。赤外線CCDカメラを使用しているため従来のカメラに比べ撮影時にまぶしくありません。

眼圧測定器
眼圧測定器眼圧測定は、房水という液体によって保たれている眼球内圧を、角膜には触れずに、機械で圧縮空気を眼球に吹き付けて計測します。検査は一瞬ですみ、少々音と衝撃はありますが、痛みはありません。
眼圧が高い場合は、高眼圧症や緑内障が疑われ、高い眼圧を放置すると失明の危険もありますので注意が必要です。

超音波骨密度測定器
超音波骨密度測定器踵骨の超音波伝搬速度を測定する骨密度計です。
骨密度の測定にX-線を使用しませんので、児童や妊婦も含めて、どなたでも安心して測定できます。
骨粗鬆症の一時スクリーニングを行うのに最適な装置です。

動脈硬化測定装置
動脈硬化測定装置動脈硬化の程度を測定する機械です。
腕と足にマンシェットを巻き、心電図電極を胸に取り付けるだけでだけで簡単に動脈硬化の程度、血管年齢が測定できます。

PAGETOP
Copyright © 辻村病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.