リハビリテーション科

リハビリテーション科

事故などによる外傷、脳卒中などによる麻痺を始めとした運動機能障害、言語障害などその他様々な身体機能に障害のある方に対し、可能な限り障害を改善し再び日常・社会に適用すべく行われるのが「リハビリテーション」です。
各担当医の指示の下、専任の理学療法士(PT)作業療法士(OT)言語聴覚士(ST)が、医師や看護師を始めとした病院スタッフと連携し、日常・社会生活への復帰を目指す患者様へのサポートを行なっています。
当リハビリテーション科では、患者様やその御家族様の生活を第一に考え、それがより質の高いものとなるように、スタッフ一同心掛けています。

◆理学療法(PTPhysical Therapy

身体に障害のある方々に対し医師の指示の下、運動療法・物理療法・日常生活動作訓練など患者様ごとに個別プログラムを作成・施行し、起きたり立ったり歩いたりと基本的な動作能力の回復を目指す治療です。

理学療法(PT:Physical Therapy)

◆作業療法(OT:Occupational Therapy)

作業活動を介して、身体・精神機能のリハビリテーションを図ります。

対象となる方全体像を把握し、その方が困っている生活動作(更衣・食事・排泄・入浴等)を具体的な状況で練習して、その方らしい生活を取り戻す支援を実施しています。

◆言語聴覚療法(ST:Speech Therapy)

様々な言語障害に対し、評価・訓練・相談などを行います。

主な言語障害としては、失語症・運動性構音障害・言語発育遅滞・吃音・難聴等です。

その他に摂食・嚥下障害・高次脳機能障害等についても評価・訓練を行います。

施設・スタッフ紹介

理学療法士4名、作業療法士5名、言語聴覚士3名、リハビリ助手1名

施設基準: 運動器リハビリテーション(Ⅱ)
脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅱ)
呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)廃用症候群リハビリテーション(Ⅱ)

主な対象疾患

脳血管障害、骨折(腰椎圧迫骨折、大腿骨頚部骨折術後等)、変形性関節症、
肩関節周囲炎、パーキンソン病、肺炎、COPD、廃用症候群、頚椎症、腰痛症 等

リハビリテーションを受けるには

リハビリテーション目的での入院:医療福祉相談室にご相談下さい

外来: 一般診療科(脳神経外科、内科、整形外科)を受診後、
医師の指示の下、リハビリテーション開始
外来リハビリ実施時間 月~土    9:00~11:30(午前診)
火、水、金  18:00~19:30(夜診)

 

リハビリテーション科の特色

個別性を重視したリハビリテーションの提供
担当制で、対象者の身体機能に応じ、目標設定を行ない個別プログラムを実施していきます。

地域に根ざしたリハビリテーションの提供
対象者の生活環境や社会的背景を踏まえ、自宅復帰に向け住環境整備、福祉用具の検討なども行ない地域に根ざしたリハビリテーションを提供します。

その他

リハビリステーション科スタッフ募集→こちら

PAGETOP
Copyright © 辻村病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.